TEL LINE

バレーボール | 交通事故障害、スポーツ障害、各種リハビリ、首腰肩の痛みや凝りに

ご予約はこちら
お問い合わせはこちら

バレーボールプレイヤーの特徴的な動きといったら、ジャンプでしょう。より高いところからスパイクを打ち、ブロックをするということが求められますので、毎日の練習で繰り返しジャンプをして力をつけていきます。
ただし、このジャンプ動作によって膝を傷めてしまうプレイヤーがとても多いのです。ジャンパーズニーというスポーツ障害は、繰り返しの動作によって徐々に負担が溜まってしまい痛みを引き起こします。
最初はジャンプ動作の際に痛みが出るだけだったのに、我慢していると普通に歩いたり立ったりしているときにも痛みが出てきてしまうことが御座いますので、お早めに足立区六町の藪野鍼灸整骨院にてバレーボール治療を始めていきましょう。

 

試合が近かったりしてどうしても練習を休めない、試合に出たいというプレイヤーの方もいらっしゃるかと思います。
当院のバレーボール治療はお一人お一人の身体の状態や状況に合わせた施術が出来ますので、決して無理をしてプレイを続けるのではなく当院にご相談ください。

 

また、足立区六町の藪野鍼灸整骨院でのバレーボール治療というのは、膝以外の症状にももちろん対応しております。
突き指や肘、肩の痛み、腰痛、足首の捻挫など、バレーボールで傷めてしまったときには、当院までお問い合わせください。