TEL LINE

インナーマッスルトレーニング | 交通事故障害、スポーツ障害、各種リハビリ、首腰肩の痛みや凝りに

ご予約はこちら
お問い合わせはこちら

インナーマッスルトレーニング

最近よく耳にする「インナーマッスル」「体幹」という言葉。
どんなものかご存知ですか?

例えばこんなお悩みのある方

・下腹が出てプヨプヨしてきた
・階段を上がると膝が痛い
・正座をすると膝が痛い
・くびれがなくなってきた
・姿勢が良くない
・食べるとすぐ太るようになった
・よくつまずく
・寝ても疲れが取れない
・便秘気味
・尿漏れ、頻尿がある
・ゴルフの飛距離が上がらない
・腰痛がある
・疲れやすい
このような方は体幹の筋肉、いわゆるインナーマッスルが衰えてる可能性があります!
インナーマッスルは体の各関節にも存在しており、関節と関節を繋ぐ役割をしています。
肘や手首を回すなど微妙な動作が出来るのはインナーマッスルのおかげと言えるでしょう。
ボディビルダーのような表面に見えるムキムキなアウターマッスルとは違い、骨と骨に付いているインナーマッスルは華奢で、意識しないと鍛えられない筋肉です。
アウターマッスルが約50種類あり、インナーマッスルはなんと約600種類も存在すると言われています。
アウターマッスルは鍛えると肥大するのに対し、インナーマッスルは鍛えると引き締まるのが特徴で、体を引き締めたいという方はインナーマッスルをメインに鍛える事が必要です。
体の筋肉は20歳頃をピークに、意識して使わずにいるとだんだんと衰えてしまいます。
衰えにより腰痛、肩こり、猫背やぽっこりお腹などを引き起こします
全身の筋肉の70%は下半身に集中しており、普段意識して運動したり、適度に散歩する事も必要です。
足立区六町の藪野鍼灸接骨院ではインナーマッスルに特化してトレーニングできる『コアレ』という最新機器があります。

コアレとは・・・

コアトレーニングの略称であり、皮下15㎝の通電で体中全てのインナーマッスルにアプローチする事が可能なEMSです。

この『コアレ』を使うと1秒間に4~8回の電気刺激でインナーマッスルを激しく運動させ、緩んでいた筋肉が引き締まっていきます。
それを続けていると、使えなかった筋肉が使えるようになり、サイズがダウンしたり、尿トラブル改善、パフォーマンスの向上に繋がります。

・お年寄りの患者様は転倒予防や腰痛・膝痛予防の為
・産後の方は尿漏れや頻尿の予防に
・ゴルフをしている方は飛距離アップなどのパフォーマンス向上の為に

・ダイエットをしたい方はクビレを作る為に
・姿勢の悪い方は姿勢改善の為に
・ケガをしにくい体作りの為に

上記のような時に患者様にはコアレを役立てて頂いております。

インナーマッスルの大切さやコアレについて、丁寧に説明しながら進めていきますので、気になる方は足立区六町の藪野鍼灸接骨院にお尋ねください。