MENU
TEL LINE
  • 藪野鍼灸接骨院 HOME
  • 藪野鍼灸接骨院とは?
  • 接骨院・施術のご案内
  • はり・灸について
  • よくある質問(FAQ)
  • ブログ
  • ご予約・お問合せ
足立区六町の藪野鍼灸接骨院
院長のにこにこブログ
2018. 8. 6.

冷房病 クーラー病

こんにちは!

 

 

 

柔道整復師の内山です(^^)/

 

 

 

年々暑さが増してきて冷房を使う機会が増えています

 

 

 

文明が進化してくるとつきものなのがそれに伴う症状が起こる事です

 

 

 

今回はそんな冷房についてお話しいたします

 

 

 

まず、私たちの身体の性質として

 

 

 

夏になると体内での発熱を抑制し、毛細血管を広げ放熱をしやすくします

 

 

 

汗をかくことで体温を下げようとしています

 

 

 

しかし冷房の効いた室内にいたとしても

 

 

 

夏の性質のため熱を逃がそうとし体が冷えすぎてしまいます

 

 

 

冷房を使うと体温管理ができ熱中症の予防ができますが、

 

 

 

その反面、室外との気温差が激しくなってしまいます

 

 

 

その為自律神経が乱れてしまいます

 

 

 

自律神経は発汗や体温調節をコントロールしているので

 

 

 

このバランスが乱れるという事は冷えに対しての

 

 

 

抵抗力が弱くなってしまうという事なので

 

 

 

足腰の冷えや、肩こり、腰痛、頭痛、食欲不振、不眠…など

 

 

 

冷えによって起こる様々な症状の事を

 

 

 

冷房病(クーラー病)と呼ばれています

 

 

 

今日からできる対策としては

 

 

・室温を下げ過ぎないよう設定する

 

 

・体が冷えすぎない服装をする

 

 

・体を芯から温める食事を心掛ける

 

 

・足先の血流をよくする

 

 

・しっかりと入浴する

 

 

などをしっかりと行っていくことで

 

 

 

冷房病の予防や早期対処が出来ていきます

 

 

 

しかし、今既に肩こりや頭痛、不眠などが気になっている方は

 

 

 

身体の内側だけではなく、外側からも自律神経の調整を行うことで

 

 

 

より早く症状の改善に繋がっていきます

 

 

 

当院で行っているBMK整体は

 

 

身体の外側に出てくる不調を改善するだけでなく

 

 

 

自律神経の調整であったり、血流の改善を促す事も出来る整体ですので

 

 

 

不眠や頭痛などの症状の改善にも期待が出来ます

 

 

 

今現在何かお身体で不調が出ている方はお早めにご相談ください

 

 

LINE

電話番号

03-5809-6789

今回もご一読いただきありがとうございました!

ブログ記事の一覧へ
ページの先頭へ