TEL LINE

お子様が腕を動かそうとしない時。 | 交通事故障害、スポーツ障害、各種リハビリ、首腰肩の痛みや凝りに

ご予約はこちら
お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ外傷、捻挫 > お子様が腕を動かそうとしない時。

お子様が腕を動かそうとしない時。

2018.03.05 | Category: スポーツ外傷、捻挫

こんにちは!

 

スタッフのひろせです(^^)

 

先月は物販キャンペーンでしたが、

 

たくさんの方に試していただくきっかけづくりになったかと思います。

 

試そうと思っていただいた方、

 

今後もサポートさせていただきますので

 

何でもご相談下さいね♪

 

 

さて、

今日は肘内障についてお伝えしようと思います。

肘内障とは何かご存知でしょうか?

 

 

お子様がいらっしゃる方は聞いたことがあるかもしれませんが

とっさに腕を引っ張った時に起こりやすく、

橈骨頭の亜脱臼の状態をこう言います。

 

2歳~5歳に発生しやすいと言われています。

 

寝ている際に腕が下敷きになって起こる事もあります。

 

 

 

痛がって腕を動かさないので

 

心配になって慌てて来院される方も多いのですが、

 

亜脱臼の状態が嵌ってしまえば

 

1日2日でよくなります。

 

実際は来院いただいた時には嵌ってしまっていることもあるので

 

重要なのは骨折との鑑別です。

 

 

自分で言葉にして伝えることができない年齢なので

 

ここをしっかり見極めないといけないのですが

 

おかしいな?

と思った方は

 

まず来院していただくと安心かもしれません(^^)

 

 

施術自体もあまりお時間はかかりませんのでご安心ください。

 

お困りの方ぜひ当院へご相談ださい!

03-5809-6789

藪野鍼灸接骨院