TEL
  • 藪野鍼灸接骨院 HOME
  • 藪野鍼灸接骨院とは?
  • 接骨院・施術のご案内
  • はり・灸について
  • よくある質問(FAQ)
  • ブログ
  • ご予約・お問合せ
足立区六町の藪野鍼灸接骨院
院長のにこにこブログ
2012. 2. 2.

傷病別食事対策

■発熱・寒気・関節痛

 発熱の際は、当然エネルギー消費が多くなります。ご飯(米)や麺類などでしっかり補給しましょう。

 食べられないときは、おかゆや果物など口当たりのいい食べれる物でいいので「何か必ず口にする」ようにしましょう。


 同時に体温を下げるためにたくさんの汗をかきます。水分とミネラルを補給するようにしましょう。お茶や水でもいいですが、

 糖質ミネラルの補給をするためにスポーツ飲料(イオン飲料)でもいいでしょう。


 また、保温のために生姜を取り入れるのもいいでしょう。しょうがは殺菌作用もあるため、一石二鳥です。

■せき・のどの痛み

 エネルギー補給・水分補給は同様に必要です。せきやのどの痛みは、炎症によるものが多いため

 刺激物を摂取するのはできるだけ避けましょう。ねぎや生姜など殺菌作用があるものを取り入れるといいです
 また、粘膜も弱くなっていますのでビタミンAを多く含む緑黄色野菜の摂取を心がけましょう。

 のどの痛みがひどくて食事が進まない際は、ヨーグルトなど口当たりのいいものを摂りましょう。

■下痢・吐き気

 胃腸が弱っている時には、消化のいいものを摂取するようにしましょう。お粥やうどん、スープなどがいいですね。

 また、水分やミネラルも失われるため、積極的に摂取しましょう。温かいお茶で体を温めることも大切です。

 風邪をひいてしまった時は、思っている以上に消化機能が弱っていますので無理に脂っこいものや刺激物を摂らないように気をつけてください
 とは言いましたが、まずは風邪をひかないことが大切。普段からしっかり対策していきましょう。

 それでも「風邪な?」と思った時は、自分で判断せずにお医者さんに診てもらいましょう。その後、上記の食事を取り入れてもらうといいでしょう。 

 

 足立区 六町  藪野鍼灸接骨院

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ記事の一覧へ
ページの先頭へ