TEL
  • 藪野鍼灸接骨院 HOME
  • 藪野鍼灸接骨院とは?
  • 接骨院・施術のご案内
  • はり・灸について
  • よくある質問(FAQ)
  • ブログ
  • ご予約・お問合せ
足立区六町の藪野鍼灸接骨院
院長のにこにこブログ
2012. 1. 24.

朝から・・・

どうもこんにちは、 朝から交通機関がマヒしてましたね。

今日は、一時間以上歩いて出勤したのと、雪掻きで、朝から大変でしたねcoldsweats02.gif

さてさて今日の院長コラムは「冷え良いものです。」

寒さが増すこの季節、体の冷えは悩みのひとつですね。

「原因としてひとつは、熱をうまく産生できないこと。たとえば、熱は筋肉で作られるので、男性よりも

筋肉量が少ない女性は冷えやすい傾向にあります。また、エネルギー源となる栄養素が不足しても冷えやすくなりますね。

もうひとつの原因は、血行不良です。貧血や低血圧などは、血の巡りが悪くなっているということ。

また、ストレスや睡眠不足などで、自立神経のバランスが乱れても血流が悪くなります」

冷えを改善するオススメ食材を紹介します。

ナッツ類、かぼちゃ、魚貝類などに含まれるビタミンEも、血行をよくする働きがあります。

貧血予防にはレバーや牛肉、貝類、カツオ、ひじきなどに多く含まれる鉄分も必要。さらに、

鉄の利用を促す銅は欠乏すると貧血を引き起こすので、レバー、牡蠣、ごまなども食べましょう。

また、唐辛子やショウガ、山椒などの辛み成分は、血行を促し、代謝アップにも影響すると考えられています。

他にも、代謝を促すアリシンを含むタマネギやニンニク、ネギもオススメですね」

そんな食材の中でも、最も気になるのがショウガとココア。これらには、いったいどのような効果があるのでしょうか?

まずはショウガについて、

「ショウガの辛味の主成分ジンゲロールは、熱によりショウガオールに変わりますが、

ジンゲロール、ショウガオールともに、血行をよくする、また代謝を高めることに影響している(=体を温める)と考えられています。

特にジンゲロールは、自律神経の交感神経を活性化して脂肪燃焼を盛んにし、エネルギー消費に関わっていると言われますね」

では、ココアは?

「ショウガや唐辛子が東洋的な冷えの手当とするなら、西洋的な手当のひとつが、日本人にも馴染み深いココア

原料となるカカオそのものは苦味があるのですが、私たちがよく飲んでいるココアは甘く香りもよく、

今ではすっかり寒い冬のドリンクとして愛飲されています。そんなココアが、実は冷えの予防・改善にも役立つことが

科学的にも解明されてきました。ココアに含まれる"テオブロミン"は、末梢の血管を拡張する効果があり、

血流をよくすることに役立つのではないかと考えられます」 

 

足立区 六町  藪野鍼灸接骨院

ブログ記事の一覧へ
ページの先頭へ