MENU
TEL LINE
  • 藪野鍼灸接骨院 HOME
  • 藪野鍼灸接骨院とは?
  • 接骨院・施術のご案内
  • はり・灸について
  • よくある質問(FAQ)
  • ブログ
  • ご予約・お問合せ
足立区六町の藪野鍼灸接骨院
院長のにこにこブログ
2018. 4. 20.

胃腸の不調 腰の痛み

こんにちは!

 

 

柔道整復師の内山です(^^)/

 

 

やっとスギ花粉もヒノキ花粉もひと段落してきましたね

 

 

今年はヒノキ花粉がだいぶ飛散していたので

 

 

長く花粉症に悩まれていた方が多かったのではないでしょうか

 

 

春先は花粉症や職場・学校環境が変わりストレスがたまったり

 

 

飲みかいや食事会で胃や腸に負担がかかりやすくなります

 

 

胃や腸が弱っていると腰痛になりやすい事は

 

 

みなさまはご存知でしょうか

 

 

腰痛は骨や筋肉の炎症で起こります

 

 

胃腸は内臓、腰痛は外側の筋肉や骨の痛みなので

 

 

一見関係ないように思えますが実は密な関係にあります

 

 

筋肉や骨は内臓を守る機能があります

 

 

そのため内臓に異常があると守る作用が働き

 

 

背中の筋肉の緊張(ハリ感)をさせることで内臓を守ろうとします

 

 

さらに胃腸が不調を訴えると身体はエネルギーを欲するようになり

 

 

甘いものや脂っこいものを要求します

 

 

欲求そのままに摂取するとエネルギーにはなりますが

 

 

胃腸は消化するためにより負担がかかるようになります

 

 

そうするとますます悲鳴をあげるようになり

 

 

緊張している筋肉に更に無理を強いるようにします

 

 

この状態の腰に対して普段の動きと違う動きをすると

 

ギックリ腰になりやすくなります

 

 

では、未然に防ぐためにはどうしていけばいいかというと

 

 

体が甘いものや脂っこいものを欲しがっている時は

 

 

胃腸にストレスがかかっているサインです

 

 

そのサインを見落とさずエネルギーをカロリーの低いものや

 

 

きちんとした栄養素をとる事で胃腸に負担をかけず

 

 

回復に向かわせることができます

 

 

環境的な変化や日々のストレスからも胃腸の不調にはつながるので

 

 

日常的に散歩やウォーキングなど軽い運動をすることで

 

 

鎮痛作用のあるβエンドルフィンや気分を上げるドーパミン

 

 

幸せホルモンと言われるセロトニンの分泌量が増加します

 

 

気分転換に散歩をすることで腰痛の予防にもつながるので

 

 

忙しい合間に散歩やウォーキングをしてみたらいかがでしょうか?

 

 

何かお困りごとがありましたら当院にご連絡ください!

 

LINE

電話番号

03-5809-6789

今回もご一読いただきありがとうございました!

ブログ記事の一覧へ
ページの先頭へ