TEL
  • 藪野鍼灸接骨院 HOME
  • 藪野鍼灸接骨院とは?
  • 接骨院・施術のご案内
  • はり・灸について
  • よくある質問(FAQ)
  • ブログ
  • ご予約・お問合せ
足立区六町の藪野鍼灸接骨院
院長のにこにこブログ
2011. 9. 2.

コラーゲン

【膝の痛みを防ぐには】

 「コラーゲン」というと、最近では美容や健康に関する食品などでよく聞きますね。「コラーゲン」はたんぱく質の一種で、人の体を構成しているたんぱく質の30~40%を占めています。体の中では、皮膚や靭帯、関節、骨、目…などいたるところにあるもので、細胞と細胞をつなぐ役割があります。

 先ほど挙げた「骨」、特に関節の骨と骨が接する部分は「軟骨」で覆われていてその「軟骨」の50%は「コラーゲン」からできています。軟骨には弾力性があり、クッションの役割を果たしています。軟骨の弾力性が無くなると、骨同士が直接当ってしまい関節に痛みを生じます。

 弾力性は加齢のほかにもスポーツによる衝撃でも減少していきますから、選手のみなさんもそのままにしておくと痛みを生じる危険性がありますね。 

【にこごりはコラーゲンの宝庫】

 その危険を回避するには、「コラーゲン」を補給することが大切です。「コラーゲン」はサプリメントでも多く販売されていますが、ここでは食品を紹介したいと思います。

 よく知られているのは、手羽先、牛すね肉、(牛テールも)豚足、魚(特に皮の部分)。冷めたときに、プルプルに固まる食品をイメージしてください。一度は口にしたことがある食品ではないでしょうか。特に、煮魚のときにできるにこごりには多くのコラーゲンが含まれますから、にこごりまでしっかり食べたいですね。また、ビタミンCがコラーゲンの働きを高めてくれますから、野菜や果物など一緒に摂りましょう。

ただし、コラーゲンを多く含む食品には脂質を多く含むものもありますから、一度にたくさん食べるのではなくこまめに摂取したいですね。 

最初に書いたとおり、コラーゲンはたんぱく質一種です。ですから、成長ホルモンが吸収を促進します。成長ホルモンは運動中、運動後、睡眠中に多く分泌されますから、その前に摂取したいですね。そして、睡眠もしっかりとるようにしてくださいね。

身近な食品を意識して摂ることで、少しでも皆さんのけがの予防につながればと思います。 

                                          

                                           足立区  六町   藪野鍼灸接骨院

 

 

ブログ記事の一覧へ
ページの先頭へ