TEL
  • 藪野鍼灸接骨院 HOME
  • 藪野鍼灸接骨院とは?
  • 接骨院・施術のご案内
  • はり・灸について
  • よくある質問(FAQ)
  • ブログ
  • ご予約・お問合せ
足立区六町の藪野鍼灸接骨院
院長のにこにこブログ
2011. 8. 2.

むくみについて

●むくみについて
 夕方に靴を買って翌朝はいたらブカブカだった、なんてことありませんか? むくみは重力と関係が深いんです。朝は寝て起きた状態なので、むくみは全身に現れます。たとえば寝起きに顔がむくんでしまう人が多いですね。でも、顔のむくみは徐々にひいて、午後には重力とともにむくみは足の方へ移動します。だから、夕方に靴を買うときは注意が必要なのです。

●むくみの原因
 むくみとは、皮下組織に体の水分がたまってしまうこと。原因は病気による場合や、栄養障害、ホルモンのアンバランスなどが挙げられます。
 病気が原因のむくみは、その病気を治すのが先決です。むくみの症状の出る病気は主に、高血圧症、心臓病、心不全、腎炎、ネフローゼ症候群、肝硬変など、怖い病気がいっぱいです。
 栄養障害によるむくみは塩分の摂りすぎや栄養不足、暴飲暴食が原因で、食事に気をつければ改善されます。また、女性に多いホルモンのアンバランスによるむくみは、月経の前後や貧血、冷え症などから起こり、これも食事で改善することができます。むくみは体内機能の低下を教えてくれる体の注意信号です。軽くみないで、きちんと治療しましょう。
 むくみ体質を改善するには、食塩や化学調味料をセーブして、水分の量を調節しましょう。カップ麺やお酒のおつまみ、スナック菓子など塩分の多い食べ物に注意。塩分は1日10g以内が目安です。 

●むくみに効く食べ物

スイカ
 暑い夏が来ました。スイカの美味しい季節ですね~。まだ肌寒いころから、スーパーには当たり前のようにスイカが並んでいますが、やっぱり暑い時に食べるスイカが一番です。

 そんなスイカですが、利尿作用があるのは皆さんご存じなのではないでしょうか。
 スイカは、ビタミンA、B1、B2、Cなどを含くみ、全体の95%が水分です。

ジャガイモ
 むくみ改善のポイントはナトリウムを含む食塩や化学調味料です。ジャガイモは体内のナトリウムを排出してくれるカリウムを多く含んでいます。
 また塩分の気になるメニューも、このカリウムや食物繊維などを利用して塩分をコントロールすることができます。例えば、焼き魚に大根おろしをプラスして食べたり、おみそ汁にはワカメなどの海藻をプラスしたりすれば、摂りすぎた塩分の排出を促してくれます。

バナナ
 バナナもカリウムをたくさん含んだ食品です。バナナは塩分もほとんど含んでないし、生のまま食べるので、むだなくカリウムを摂れます。でも、ここでひとつ注意。すでに腎臓病の方は逆にカリウムを摂っちゃだめなんです。なぜなら、腎臓が余分なカリウムを排泄できなくなってしまうので、そのカリウムが心臓の働きを邪魔してしまうんです。症状がひどい場合や、原因が思い当たらないのに急にむくむようになった場合はまず、お医者さんで検査してもらいましょう。
 他にもカリウムを多く含む食品は、かぼちゃ、ナガイモ、とうもろこしなど。いろいろ工夫して食事にプラスしてください。

 

 

ブログ記事の一覧へ
ページの先頭へ