TEL
  • 藪野鍼灸接骨院 HOME
  • 藪野鍼灸接骨院とは?
  • 接骨院・施術のご案内
  • はり・灸について
  • よくある質問(FAQ)
  • ブログ
  • ご予約・お問合せ
足立区六町の藪野鍼灸接骨院
院長のにこにこブログ
2011. 7. 29.

猫背について・・・

猫背の種類

 

猫背は、丸まった背中の頂点の位置の違いによって、三つのタイプに分けられます。

 

(1)肩口猫背

肩に近い部分が頂点になっています。

肩口猫背による肩こりは、やがて腕や手首のしびれなどの神経障害を

引き起こしやすくなります。

 

(2)真ん中猫背

背中の中央あたりの胸椎(きょうつい)の7~8番目が頂点になっており、

誰が見ても猫背だと分かります。

これがクセになると、畳や固い床の上では背中が痛くてあお向けに寝ることが

できなくなります。

 

(3)腰猫背

正常ならば前湾している胸椎の10番目から腰椎にかけて、逆に後湾して頂点に

なっている状態です。

座るとすぐに足を組んだり、あぐらをかく習慣がついている人がなりやすく、

腰痛を起こしやすくなります。

 

猫背

猫背を治す、猫背矯正体操

 

猫背が原因の肩こりや腰痛は運動不足によって助長されるので、
正しい基本姿勢でのウォーキングなどを積極的に取り入れて体を動かすようにしましょう。

また猫背になると、おのずと肺活量が小さくなります。正しい姿勢での深呼吸の習慣をつけることも大切です。


猫背を治す、猫背矯正体操

猫背には、自分にあった体操を、無理のないリズムで続けましょう

 

<猫背に壁利用腰反り体操>

 1 壁に向かって30cmほど離れた位置に立つ。

 2 両手を壁につき、腰を反って壁にお腹を押し付ける。

 3 顔は横に向けて、20秒ほど静止する。

 4 10回繰り返す。

   無理なくできるようになったら、壁から50cmほど離れて行う。

 ポイント

 ・かかとは上げない。

 ・呼吸は反りながら吐く。

 ・壁にお腹を押し続けている間は、吸える範囲の呼吸を3回繰り返す。

 

壁利用腰反り体操

猫背を治す、猫背矯正体操

 

<猫背に胸はり体操>

猫背を予防し猫背を治す

 

 1 椅子に腰掛けるか正座して、正しい姿勢を意識する。

 2 両ひじを曲げて、手とひじを肩と水平の位置にあげる。

  このとき両目は開けておく。

 3 両ひじを真後ろにゆっくり、肩甲骨が合わさるまで引き、

   胸の縮んだ筋肉(大胸筋)を引き伸ばす。

 4 そのままの姿勢を崩さず、胸を前方に突き出す感じで、

   静かにアゴを目一杯上げる。

 5 口から息を吐ききり、そのまま3~5秒静止する。

 6 もとの姿勢に戻る。その際に一旦両手を下ろしてもよい。

 7 10回繰り返す。

 ポイント

 ・両ひじをいっぱい引いてから、頭を倒す。

 ・目をつぶらず、後方を見てやろうと思って頭を倒す。

 ・背骨の柔軟性がなければ、お風呂で首まで十分温めてから行う。

 ・頭を倒そうとした時、腕の痛みやしびれを感じたら、直ちに中止する。

 

胸はり体操

猫背を治す、猫背矯正体操

 

<猫背に前屈体操>

 

胸はり体操と必ずセットで

 1 両足を少し開いて立つ。

 2 自分の上半身の重さで上体を曲げる。

 3 10回繰り返す。

 ポイント

  ・背中が丸まらないように、腰の筋肉を意識して引き伸ばす。

  ・ひざを曲げない。

  ・無理なくできるようになったら、両足のかかとをつけて行う。

 

前屈体操

猫背を治す、猫背矯正体操

 

<猫背に腹ばい反りおき体操>

壁利用腰反り体操ができるようになってから

 1 床に腹ばいになって腕立て伏せの姿勢をとる。

 2 お腹を床につけたまま、腕だけを伸ばして腰を反る。

 3 そのまま深呼吸を繰り返し、20秒ほど静止。

 4 10回繰り返す。

ポイント

 ・腕は一気に伸ばさず、お腹を床から離さないよう

  意識しながらゆっくりと。

 

腹ばい反りおき体操

 猫背を治す、猫背矯正体操

猫背が気になっていいる方はぜひ、実践してみましょう!!

ブログ記事の一覧へ
ページの先頭へ