TEL
  • 藪野鍼灸接骨院 HOME
  • 藪野鍼灸接骨院とは?
  • 接骨院・施術のご案内
  • はり・灸について
  • よくある質問(FAQ)
  • ブログ
  • ご予約・お問合せ
足立区六町の藪野鍼灸接骨院
院長のにこにこブログ
2011. 7. 20.

抗酸化作用!

どうもこんにちは、 タイフ~ンtyphoon.gifがきてますねsweat02.gif 時折、強く降ったり 止んだりしてますね。。。

このあとどうなるんでしょうか・・・ 心配です。wobbly.gif

今日は抗酸化作用について述べたいと思います。。。

まず、

人間は空気を吸って生活しています。空気の21%は酸素です。酸素は体の中で栄養素と結びついてエネルギーを作り出します。

ところが体の中に入った酸素がすべてエネルギーを作るために使われれば良いのですが、使われなかった分は酸化してしまいます。

簡単に考えると「さび付いた状態」になるということです。金属にさびが出た状態を想像してください。それと同じ現象が体の中で起きると考えてください。

一度酸化がおき始めるとどんどん連鎖反応で進んでしまうのです。

体の中の機能がさび付くと正常な働きが出来なくなり、糖尿病、高脂血症、肝臓の機能の低下などなどの生活習慣病といわれる問題が起きてきます。

体の中を錆付かせないようにするのが「抗酸化作用」(酸化を抑える作用)と言えます。つまり、活性酸素を取り除き、生活習慣病を予防や老化を抑えることです。

動脈硬化や、ガンなど生活習慣病、白髪やしみ、しわなど老化の原因で、肝臓にもっともたまりやすいといわれています。

年齢とともに発生量が増えることもわかっています。 また、多量飲酒、ストレス、食品添加物、タバコ、激しい運動、紫外線なども活性酸素を増やす原因となっています。

ですから抗酸化作用の高い食品やサプリメントを取ると体の本来の機能を低下させないようサポートできるわけです。

活性酸素を増やす因子は:紫外線、喫煙、車の排気ガス、電磁波、放射線、環境ホルモン、殺虫剤、農薬、ストレス、栄養素の不足などたくさん身の回りにあります。

意識をして抗酸化の食品やサプリメントを摂取されることをお勧めします。 

 

免疫作用と抗酸化作用のある成分と食品!!

 


(カロチン)

緑黄野菜

体内でビタミンに変わり、粘膜を強化することで免疫力を高めます。
特にβカロテンはガン細胞の原因となる活性酸素を抑えます。ガン予防にも効果があります。

アリシン

にんにくやネギ等の鼻にツンとする成分

殺菌作用と抗ウィルス作用があり、細胞を活性化させる成分も含んでいます。

イソチオシアネート

大根などアブラナ科の野菜の辛味の成分

ガンの元になる傷ついた細胞の増殖を押えます。人間の体に害を及ぼす細菌を殺したり、細菌の力を弱める働きがあります。
※大根、ブロッコリー、キャベツ、小松菜、白菜、ワサビなど
女性ホルモンと同様の作用を持っており、更年期障害などに効果的です。また、コレステロールをコントロールすると言われています。

硫化アリル

玉ねぎやねぎ、にら、にんにく、らっきょ等の香りの成分

食欲増進し、ビタミンB1の吸収を助け、疲労回復やイライラを防ぎます。玉ねぎは血液をサラサラにし、生活習慣病に効果を発揮します。生で食べた方が効果があります。

シンゲロン

ショウガの辛味成分

殺菌効果、発汗解熱、鎮咳、吐き気止め、血行促進、体を温めるなどの効果があります。

モモルデシチンと
チャランチン

ゴーヤの苦味の成分

インシュリンと同じ働きをして血糖値の上昇を防いだり、血圧安定させる効果があります。血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる作用もあり、ドロドロの血液をサラサラにしてくれます。
またゴーヤはガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞を活性化させ、ガン細胞の増殖を抑えるといわれています。

リモネン

柑橘類の皮に多く含まれる香りの成分

ガン細胞の増殖を抑制します。

カロテノイド類、
フラボノイド類、
オーラプテン

柑橘類に含まれる

抗酸化作用や抗炎症作用があります。

ペクチン類、
オリゴ糖

柑橘類に含まれる

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やして、腸内環境を改善し免疫機能を高めます。

βグルカン

きのこ類に含まれる

タンパク質と結びつくことで免疫力を高めます。ガン予防にもなります。

イオウ化合物

淡色野菜に含まれる

免疫システムを活性化させます。ガン予防効果もあります。

ポリフェノール

赤ワインで最近話題

ポリフェノールとは、光合成によってできた植物の成分です。色素成分や色の変化に関する物質が多いのが特微です。
色が鮮やかなもの、渋み、苦味のある食物に多く含まれています。

皮をむいて放置しておくと、リンゴやゴボウなどが茶褐色に変化するのも、ポリフェノール類が自身を守るために化学変化した結果です。

ポリフエノールには動脈硬化、糖尿病、がんなどの一因となっている活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。
約4000種類あるポリフェノールですが、1種類を多くとるのでなく、色々な種類の食物からバランスよくとった方が良いそうです。

ポリフェノールの主な種類

  • フラボノール(ブロッコリーに多く含まれる)
  • カテキン(お茶、ワイン)
  • クロロゲン酸(ナスに含まれる渋み成分)
  • プロシアニジン(リンゴに含まれる)
    プロシアニジンはガン細胞を死なせる効果がある。と弘前大で研究されています。
  • ムチン(レンコンやオクラ、そば等の“ぬめり”成分)
    消化酵素の一つで、胃の粘膜を保護し、胃炎や潰瘍を治します。
    さらに、便秘や疲労も改善します。
  • セサミン(ごまに含まれる)
    ごまは薬効効果が高く、血液中の中性脂肪などを減らします。
  • ムチンサポニン(山芋のヌルヌル成分)
    滋養強壮効果、夏バテ防止効果、老化防止など。縄文時代以前から食べられていた。

その他ポリフェノールを多く含む食物

バナナ、柿、リンゴ、ゴボウ、春菊、ほうれん草、みつば、さやいんげん、玉ねぎ、ししとう、さつまいも

ジアスターゼ
(アミラーゼ)

大根、消化酵素でおなじみ

山芋には各種の消化酵素が含まれていて、でんぷん分解酵素のジアスターゼなどは大根の3倍も含まれています。

α-ピネン、
ベンズアルデヒド

春菊の香り成分

自律神経に作用し、胃腸を丈夫にします。また、セキを鎮め、タンを切ると言われています。

ペクチン

リンゴに含まれる水溶性食物繊維

気管支ぜんそくなどのアレルギー性疾患を予防する効果があると、今年(2002年)の10月3日に農業技術研究機構・果樹研究所が発表しました。 

ここにのせてあるのは、ほんの一部です。。。

以上を参考までに・・・

ブログ記事の一覧へ
ページの先頭へ