TEL
  • 藪野鍼灸接骨院 HOME
  • 藪野鍼灸接骨院とは?
  • 接骨院・施術のご案内
  • はり・灸について
  • よくある質問(FAQ)
  • ブログ
  • ご予約・お問合せ
足立区六町の藪野鍼灸接骨院
院長のにこにこブログ
2015. 12. 2.

冷えと熱産生

おはようございます こんにちは こんばんは

 

初めての方は 初めまして

 

スタッフの  山内  です。

 

12月に入り 季節も本格的に冬になり 

みなさん風邪などひいていないでしょうか?

 

予防接種も始まり お子様がいらっしゃるママさん達や 


お仕事をされてるビジネスマン達は 色々忙しくなりますね。

 

師走というぐらいですからね。

 

さて今回は 寒くなってきたということで 


身体が熱を産み出す仕組みについてお話しさせていただきます。

 

 

まず身体の冷えのメカニズムはというと 


冷えとは血行不良のことで 
原因に自律神経 骨格筋などがあります。

 

自律神経ですと 血管や心臓に分布し 

血管を伸縮し血液を流したり 心臓を収縮弛緩して 血液を送り出しています。

 

この役割をしている自律神経が乱れますと 


循環が悪くなり 末端に血液が行きづらくなって 手足が冷たくなるなどのお体の異常が出ます。

 


次に 骨格筋でいいますと 骨格筋も 血管を収縮させ 

血液を送り出すポンプ作用がありますし 


熱を産生する役目をしているので 


この
作用が低下しますと 冷えにつながります。

 

 

そして熱を産み出す仕組みは ふるえ熱と非ふるえ熱があります。

 

ふるえ熱とは 骨格筋の律動的収縮で起こります。 


律動的収縮とはリズミカルに動くことです。

 

真冬の寒い日にブルブルと震えるのは 

体温が下がったのを感知して 

骨格筋がリズミカルに動き 熱を産み出しているんですね。

 

なので寒くてブルブル震えるのは 


ただ寒いのではなく 熱を産み出そうとしている 体の自然な反応なんですね。

 

次に非ふるえ熱です。


非ふるえ熱は交感神経 ホルモン 褐色脂肪細胞があります。

 

交感神経は上記で説明した通りで 

ホルモンは甲状腺ホルモンが関わっています。

 

褐色脂肪細胞は特に肩甲骨などにある

脂肪を食べてくれる細胞
で 熱を産み出す作用もあります。

 

BMK整体では 


褐色脂肪細胞を刺激して熱を産み出しやすい身体を作って 


脂肪を効率的に燃焼していきます。

 

これから益々寒くなっていきますので 


内側から 身体を作っていきましょう!!

 

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

お問い合わせは


03-5809-6789

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ記事の一覧へ
ページの先頭へ