TEL
  • 藪野鍼灸接骨院 HOME
  • 藪野鍼灸接骨院とは?
  • 接骨院・施術のご案内
  • はり・灸について
  • よくある質問(FAQ)
  • ブログ
  • ご予約・お問合せ
足立区六町の藪野鍼灸接骨院
院長のにこにこブログ
2011. 6. 30.

お風呂で疲労回復。。。

みなさんは帰宅後、お風呂にはいりますか?それともシャワーですか?

忙しい毎日ではお湯に浸かってゆっくりする時間もなく、シャワーで済ましている人も案外多いのではないかと思います。

疲労回復にはしっかりとお湯に浸かって入浴することが大事です。

 

 

お湯に浸かる入浴では温熱作用・水圧作用・浮力作用という3つの物理的作用が働きます。 

主な作用としては、

 

 

《温熱作用》
お湯に浸かることで身体が温められて血管が拡張し、身体にたまった疲労物質や老廃物の排出を助けます。また筋肉は温められることによってより柔軟性が増し、疲労などで感じる筋肉の張りなどがほぐれます。
《水圧作用》
お風呂では水面からの深さに応じて水圧が加わります。この圧力は全身にかかってくるのですが、足への水圧はポンプ作用としてたまった血液を心臓に戻すことを助けるため、血液循環が良くなります。また腹部にかかる水圧は、身体の中心部にある横隔膜を押し上げるため呼吸回数が自然と増え、心肺機能が高まります。
《浮力作用》
水中では浮力が働くため、身体が軽くなります。普段体重を支えている筋肉や関節は重力によるストレスから開放されて負担が少なくなります。痛みがあるところも水中では動かしやすく、少しの抵抗でもトレーニングとしての効果が期待出来ます。         

お湯の温度は個人の好みもあると思いますが、体温よりも5℃以上高い熱めのお湯(41℃~)では交感神経がより刺激されるため、脳や身体は興奮状態になります。逆に「ぬるま湯」と呼ばれる温度は体温よりも2~4℃高めの38~40℃。副交感神経に作用し、リラックス効果をもたらします。夜、ゆっくりお風呂に入ってリラックスすることで睡眠も誘発することが出来ます。

こうした温度を活かして、しっかりと身体と頭を起こしたい朝には少し熱めのお風呂を短めに入る(このときは熱めのシャワーでもOK)、じっくりと身体を温めて疲労回復させたい夜にはぬるめのお湯にゆっくり入るといったように使い分けをしてもいいと思います。 

しかし、捻挫や打撲などの急性期やぎっくり腰などでは、炎症反応があるので、一概に温めてはいけない場合もあります。

お風呂に入ることによって様々な効果があらわれます。。。 みなさんも実践してみてください。

 

 

 

ブログ記事の一覧へ
ページの先頭へ