TEL
  • 藪野鍼灸接骨院 HOME
  • 藪野鍼灸接骨院とは?
  • 接骨院・施術のご案内
  • はり・灸について
  • よくある質問(FAQ)
  • ブログ
  • ご予約・お問合せ
足立区六町の藪野鍼灸接骨院
院長のにこにこブログ
2013. 5. 23.

事故後の教訓!

院長にこにこブログをごらんいただきありがとうございます。

最近は蒸し暑くて体がバテ気味です。frown

 

開業当初の話になりますが 都内にある コインパーキング内で自分自身が交通事故に遭ったことがあります

駐車スペースから出ようと車を発進させ、車を前に出すと一台の車が入庫してきたので、

停止して通り過ぎるのを待っていました。 車は通り過ぎ、駐車すると思いきやいきなり蛇行しながらバックして

自分の車の横っつらを思いっきりぶつけられました・・・ サイドミラーは、もげフロントドア付近がへこみました。 

すぐに警察の通報し、事情聴取と調書をとりました。 

加害者の方も最初は謝罪し警察の質問にも素直に答えてました

 

が、しかし 2日後保険会社さんから連絡が来て、「過失割合は8:2ですね」と言われ、納得いかない自分は

「停止していたので10:0じゃないのですか」と言っても、「加害者さんも確実に停止していたとは言ってませんし、

何より、停止している証拠がないですね」、「10:0にしたいなら目撃者か証拠を出せと」とのことでした。 

おいおい最初と違うだろと思い加害者さんに連絡をとり、事故の事を聞いても、「保険会社に一任してますんで、と一蹴」

埒が明かないので警察署に連絡して調書をみせてほしいと言っても、

「事件性がないので調書を貸せないと」・・・ そんなやりとりを保険会社と続けているうちにイライラがつのり

時間と労力を使い心身ともに疲れてきました・・・ 

その後、首と腰に違和感と痛みが出てきたので、病院に通院したい旨を保険会社に話すと、

そんなスピードの事故では、ケガはしないよと、なんと仮病扱いされ、しまいには素人とは話になんないからと

保険会社たてろ過失は5:5からだと、支離滅裂、傍若無人な態度に出てきました。 

仕事を半日休み病院でレントゲンを撮り診断書を持って警察署に行き、人身事故の実況見分をしてもらい本当に大変でした。

保険会社と話すのも嫌になったので、知り合いの先生の伝手で弁護士先生紹介してもらい代理人交渉にはいってもらいました。  

半年以上交渉してもらい 最終的には、 9:0で落ち着きました。不本意ではありますが、これ以上時間かけると

裁判になってかなりの時間がかかってしまうので落とし所を決めました。  

交通事故は本当に心身共に疲れます、時間と労力をすごい使います

保険会社さんも仕事なので、素人相手に容赦なく、理不尽な対応する方も中にはいますので注意が必要です。

 

  事故で学んだ教訓として、

①目撃者を確保しておきましょう(連絡先を聞いておきましょう)

②写メでも動画でも事故直後の状況の証拠を残しておきましょう

③示談交渉が難航、不安な時は早めに専門家(接骨院の先生でもOK)に相談しましょう!

 

開業当初知識不足だった自分は保険会社からの容赦ない口撃、交渉受け、示談交渉の大変さ不安を身にしみて分かり

患者さんを自分の二の舞にさせてはいけまいと、色々自分なりに知識を蓄えてきました まだまだわからない事だらけですが、

司法書士の先生を始め、弁護士先生行政書士の先生にお勉強させていただき、事故相談窓口で対応できるまでになりました。 

実体験をふまえて、的確なアドバイスもできると思いますので、お気軽にご連絡ください!

実際に事故に遭った人にしか痛みや不安はわからないと思いますが、

少しでも安心して、日常生活が送れるように、私たちが心身ともに全力で事故後をサポートいたします! 

 

足立区  六町  交通事故治療  鍼灸  藪野鍼灸接骨院

 

ブログ記事の一覧へ
ページの先頭へ