TEL
  • 藪野鍼灸接骨院 HOME
  • 藪野鍼灸接骨院とは?
  • 接骨院・施術のご案内
  • はり・灸について
  • よくある質問(FAQ)
  • ブログ
  • ご予約・お問合せ
足立区六町の藪野鍼灸接骨院
院長のにこにこブログ
2012. 12. 13.

脱臼、脱臼、脱臼

院長ブログをごらんのみなさまこんにちは~icon_confused.gif

毎日、毎日寒い日が続きますね~sweat01.gif

最近ではノロウィルスが流行っているみたいなのでwobbly.gif

うがい手洗いはしっかりして保温と保湿で予防しましょうsign03.gif

さてさて昨日と、今日の出来事なのですが、脱臼した子供の患者さんが3人来院されました。hospital.gif

いづれも肘内障と言って 子供特有の脱臼なのですが、正確には

肘の関節の細い輪状の靭帯がはずれた状態の事で

子供は骨と骨を輪のようにつないでいる靭帯が未発達なため、手首を

引っ張ったり、後ろに手を着いたりしても簡単に抜けて脱臼が起こります。

痛さでワンワン泣いていた先程のお子さんも元の位置に整復してあげれば、痛みはすぐに消えるので

10秒後には、ピンピンして 飴を大事そうに握りしめて、笑顔で、帰られましたicon_biggrin.gif

昨日来院した 患者さんは5歳と4歳の男の子が兄弟がケンカをして 二人とも

肘内障起こしてきました。sweat02.gif どれほど激しいケンカだったのでしょうか?!impact.gif 

また肘内障は習慣性になりやすく、癖になりやすいので、注意が必要です!

子供の手を引くときは、『手首』じゃなく『手』を

握るようにしたほうがいいでしょう。また、習慣性になってしまっても、7才を過ぎると
                                                                                                 靭帯も強くなり骨がしっかりするのでたびたび脱臼を起こすことはなくなります! 

当院は幼稚園の裏にあり幼稚園児や小学生も多数来院しています。

この様な咄嗟の不慮のケガも早めの処置によって、今後の経過がだいぶ変わってきますので

はやめ はやめの来院をお勧めいたしますpaper.gif

 

足立区 六町  交通事故 鍼灸  藪野鍼灸接骨院

 

 

 

 

ブログ記事の一覧へ
ページの先頭へ